2016年 10月 の投稿一覧

家族のために注文住宅

三重県で注文住宅を建てる時は、まず家族のことを考えましょう。家は家族が生活する場所なので、家族が快適に暮らせるように設計の段階から気を配らなければなりません。まず家族のライフスタイルを考えて、家の設計をしていきましょう。家族団欒を重視し、家族で集まって過ごす時間を重視する家庭だったら、キッチンや応接間を広く取る必要があります。家族が集まることができる広々とした空間があれば、家族団欒の時間が充実したものになります。それから家族の集まるスペースの採光も考えなければなりません。できるだけ陽射しが入って、明るい雰囲気になるようにした方が家族で過ごす時間が快適になります。10代後半の子供さんがいる家庭だったら、子供さんのプライバシーを尊重することを考えた方が良いでしょう。年頃の男性も女性も、家族をわずらわしく感じることがあり、一人で過ごす時間を好むようになります。このような場合は、キッチンや応接間を広く取る必要はありません。それよりも、子供部屋のスペースを広くした方が良いでしょう。ただし、家族の団欒を軽視してはいけません。家族が集まって過ごせるスペースもたとえ狭くなっても、作るようにしましょう。
老いた親と過ごすために注文住宅を建てることもあるでしょう。この場合は、建てる場所からこだわった方が良いと言えます。歳をとると足腰が弱ったり、病院に通う機会が増えます。交通の便の良いところに注文住宅を建てた方が、ご両親の生活の質が上がります。そして、家自体はバリアフリーにした方が良いでしょう。バリアフリーの住宅はどの業者も建てるノウハウを持っているので、依頼するのは比較的簡単です。一つだけ見落としやすいところがあります。それは浴室です。歳をとると、浴槽の高い風呂には入りにくくなります。また浴室の寒さによって、体調を崩す人の数は少なくありません。浴室を設計する時は、ご両親の希望をよく聞くようにしましょう。

土地探しから考える注文住宅

注文住宅で作るマイホームは、それぞれの家族が持つ暮らしに対するコンセプトを、十分に生かすことが出来る重要で大きなアイテムだといえるのではないでしょうか。確かに、毎日の生活を送るだけのことであれば、注文住宅がどうしても必要であると考えることはないのかもしれません。賃貸住宅でも、建売住宅でも、雨風がしのげる場所であれば、良いのだといえるでしょう。しかし、自分に合わせた生活や家族の幸せを考慮したとき、注文住宅でしか組み立てられなかったり、表せなかったりする暮らしというものが存在するはずです。そこで、まず、理想としている注文住宅の建築を計画する場合には、土地探しから始めることが大切でしょう。一生に一度の大きな買い物なのですから、現在や未来の生活の有り様をイメージして、それにあった土地の場所や形や広さを考えて求めましょう。どこに注文住宅を建てるか決まれば、あとは自分たちの住宅に対する考え方を形にしていけばよいのです。

工務店に依頼するメリットデメリット

工務店に注文住宅を依頼するメリットは、仕上げを一貫して行ってもらえるため、仕上がりに満足できる点です。デメリットは、若干料金が高くなる点です。なぜ高くなるかといえば、下請けではなく直接建設を行うため、人件費等のコストが上がるためです。したがって、より安くしたい人は別の手段を考えた方が良いでしょう。ほかにメリットとして考えることができるのは、信頼できる工務店を知っている場合には、その信頼できる人に施工してもらうことができる点です。すでに評判が良いのであれば、あえて別の業者を探す必要はありません。確実に良い注文住宅を建ててもらうことができます。そういった点から、工務店に依頼する人は一定数います。ただし、ある程度の知識がなければ、設計の依頼などをうまく行うことができません。そのため、依頼をする前にどんなことを気を付けるべきかは、市販の書籍等を読んで勉強してから依頼するようにした方が満足できる期待が上がります。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てる際に、建築家が所属している設計事務所に依頼するメリットデメリットがあります。
まずメリットは、好みや予算やに応じて柔軟に設計してもらうことができて、自由設計で制約がないため、様々な工法や仕様、設備を選択することが可能な点です。
そのため、外観や間取りなどの様々なリクエストに応じてくれたり、狭小地や土地の形が変形しているなどの条件でも、柔軟に対応してくれます。
また建築家には、高いデザイニング力があり融通が利くので、住む人に合わせた設計を行って、依頼主が希望する注文住宅を建ててもらえることもメリットです。
それから、家族も設計事務所と共に注文住宅造りに携わるため、喜びや充実感を得ることができます。
さらに、設計事務所が第三者として監理するので、作成した図面やプランをもとに、依頼主の代わりに工事の進捗状況を現場でチェックしてもらうことが可能です。
設計事務所に依頼すると、依頼主の要望を事細かに把握して設計に反映するため、頻繁な打ち合わせが必要になることがデメリットと言えます。
また、手間や経費がかかり総コストが高くなる傾向があるため、予算の総額をきちんと伝えておくことが大切です。

断熱性のいい住宅とは

注文住宅を建てる際には、断熱性の良い設計とすることが大切です。外気の影響を受けにくくなるので、年間を通して快適な室内環境に保つことができます。さらに冷暖房の効率が高まるので、光熱費を抑えることにもつながります。さらに断熱性の高い家は、結露が発生しにくくなるのでカビが発生しにくくなります。その結果、健康面でも安心して暮らせる家とすることができるものです。さらに躯体内部でも結露が発生しないので、劣化を遅らせることができます。つまり、建物を長持ちさせることができるわけです。このような断熱性の良い住宅は、まず断熱材を隙間なく使用していることが条件となります。できれば外壁の外から処理をする外断熱とすることで、建物全体を守ることができます。さらに外気の熱が室内に影響するのは、ほとんどが窓からとなります。そのために窓のガラスをペアガラスにしたり、あるいは二重窓とすることで外気の影響を受けにくくすることができます。

家づくりの進め方

注文住宅を新築するためには、家づくりの進め方を知っておく必要があります。例えば事前審査について知っておかないと、ある程度話が進んだ後でローンの審査が通らないといった事態になる場合があります。まず最初に土地を探すことから始めます。注文住宅は土地代と建物の建設費用とが必要なので、このバランスをどのように取るのかを考えることも必要になります。そのためには、まず先に工務店を選ぶこともあります。どんな家を建てるのかイメージを伝えることで、そのための条件に合う土地を探してもらうわけです。土地が決まれば、次は設計に移ります。予算に応じてどのような間取りやデザインにするのか、使用する材料は何を使うのかを建築士と相談しながら決めることになります。この作業は設計事務所に依頼する場合もありますし、その時には施工業者を決める必要もあります。設計が決まれば、いよいよ施工に移り建物を建てる作業となります。完成後に内覧し、問題がなければ引き渡しとなります。

後悔しない住宅会社の探し方

注文住宅を新築する場合には地元の工務店や設計事務所、あるいはハウスメーカーに依頼するという方法があります。しかし工務店や設計事務所はサイトにおいてこれまでの設計事例や施工事例を見るまではどのような会社であるか知ることが出来ない場合も多いものです。まして建物が完成して住宅内部を見たい場合はすでに入居して生活していますので中々それはできません。
その点ハウスメーカーの場合には日本全国に総合展示場のようなところがあってそこで自由に見て回ることができます。
これまでの知っている知識や展示場を訪れて知ったことを参考に色々とデザイン面や構造、耐震性能、内装、アイデア、機能性などを見て、訪ねて知ることが出来ます。そのうちに自分がどのような住宅、あるいはメーカーに興味や関心があるのかがはっきりしだして資料なども取り寄せてみるようになります。
不足する部分はサイトで調べたり、あるいは本屋さんで知りたい部分の書かれた本を手に入れることで他社と比較しながら少しずつある会社が良いという風に固まって来ます。あとはサイトで確認したり口コミ情報を参考にするとほぼ間違いの無い選択が成されるようになると思われます。

失敗しない資金計画

新築注文住宅を購入する場合に住宅ローンを組みますが、失敗しない資金計画、三重県工務店の立案がとても重要となります。毎月のローン返済金額は、借り入れ額、借り入れ年数、金利によって変化します。自分が毎月いくらまで返済出来るかを見極める事が大切です。中でも金利は、完済までしっかりとした資金計画を立てる場合には、全期間金利を固定出来るタイプの住宅ローンを選択すると良いです。金利が変化せず毎月の返済額も一定に出来る為、資金計画を立てやすいのです。また、総返済額も借り入れ時に決まる為、将来的にどれだけのお金が必要か持参する事も可能です。金利が固定出来る分、金利変動型よりも利率が高いですが、返済計画を立てるには有利です。返済年数ですが、一般的には35年でローンを組む場合が多いです。しかし、借り入れ期間が短いほど利息金額を抑えられる為、短い期間の方が有利です。無理に短い期間で借り入れすると返済額が大きく生活が苦しくなるリスクもある為、収入とローン返済額のバランスを考えた資金計画作りが大切です。

失敗しない土地探し2

注文住宅で新築一戸建てを建てる時に重要になることといえば土地選びです。家の設計部分ももちろん重要ではありますが、それを建てる場所の状態が悪ければ、満足度の高い住まいづくりはできないものです。
なお、注文住宅で新築一戸建てを建てる時に、日当たりを重視する人の場合、周辺の環境をチェックしていくと良いものです。きちんとした日当たりを確保することができるかどうか、隣接している建物をチェックしておきたいところです。そうすれば、日当たりの良さだけでなく風通しの良さも確認できて良いものです。
なお、大切なのは、家が建った時のことをイメージすることです。そうした上でチェックしていけば、より確かなことがわかるものです。
ちなみに、実際に家が建った時のことをイメージするということは、周辺の様子をチェックして音の影響を考える時にも役に立つことです。
注文住宅で新築一戸建てを建てる時には、間取りも考えていきますが、どの部屋がどこに面しているかで音が及ぼす影響も変わってくるものです。

失敗しない土地探し1

注文住宅で新築一戸建てを建てる時には、土地を確保しなければ始まりませんが、ポイントは2つあります。
1つはその土地自体の特徴で、もう1つは周辺環境です。どちらも重要なポイントで、まずは土地自体の特徴ですが、そこが昔どういった場所だったのかを知ることで、安心感につながることがあるものです。
現在は普通に更地だとしても、昔は工場などがあったかもしれません。そういった影響で、土壌汚染といった問題が発生した事例もありますので、安心して暮らしていくためにも、現在の状況だけでなく、昔のことも調べておくと良いものです。
次に周辺環境ですが、これも同じで、すぐそばにそういった施設があったかもしれませんから、チェックしておきたいところです。
さらに、現在の地域の様子というのもとても重要です。目をつけた土地のすぐ横や前の家がゴミ屋敷のような家であったり、すぐそばに人の出入りが激しい騒がしい施設があったりすると落ち着いて暮らせないものですので、注意しておきたいところです。